新卒 応援ナビ

第2新卒

ちょっとしたコツ

企業の面接担当者はそれぞれ観察する部分が決まっていることが多いものです。服装や顔、マナーといった部分に中心を置く人、純粋に能力を測る人、言葉づかいに重点を置く人などです。これらは面接の基本ですから面接を受ける側も事前の対策は十分に可能です。

昨今はいくらクールビズが叫ばれている状況でも、最初はネクタイを締めておくべきですし。背広の前ボタンは必ずはめておかなくてはいけません。基本的な見た目は大切なことです。立ち振る舞いや言葉づかいも大切です。これも丁寧に落ち着いて応対すれば大丈夫でしょう。

しかし、気を付けなければいけないことは、大企業で多く見られることですが、面接官の中に顔の動き、表情などを観察する人がいるということです。それは笑顔や真剣な顔ではなく、もっと表情が曇る状況、極端に言えば怒らせた表情なのです。その表情を見るために面接官は、わざと志望者が怒りそうないじわるな質問をしてきます。

たとえば、一般常識で答えがわかりきった質問をして表情の動きを見ることもそうです。志望者によっては、笑顔で答える人、めんどくさそうに答えるひと、中にはわかりきったことを聞くな、というような怒気を含んだ受け答えをする人もいるかもしれません。人はちょっとした想定外の出来事に本性の一端を見せることがあります。

職場は笑顔ばかりではなく、怒ったり叱られたりする場でもあります。このとき、思いがけず冷酷な顔、意地悪な笑み、短気な怒りなどが洗われては職場の安定感を乱す元になります。面接のときにはそういうこともあるんだということも心構えとして持っておけばその場でも落ちついて対応できると思います。

サイト運営者情報

新卒に求められるもの

新卒神話の崩壊

新卒採用のちょっとしたこと

第2新卒

高校の新卒採用は?

Copyright (C) 新卒 応援ナビ All Rights Reserved