新卒 応援ナビ

第2新卒

第2新卒は「就職」

日本とアメリカの就職哲学の一番の違いは、アメリカでは職種を選ぶ「就職」であり、日本では企業を選ぶ「就社」となっている点です。これには異論もあると思いますが、採用通知が来ると「トヨタ」に入れた、「ホンダ」に決まったなど、いまだに社名が真っ先に出てくるのがいい例でしょう。

確かに履歴書の欄に希望職種を書く欄がありますが、この就職難といわれる時代でも「会社に入る」という意識が新卒の側にはあるのではないでしょうか。

アメリカの場合は、採用される学生の意識だけはなく、採用する側も学生を「就職」という意味で採用しているということです。それは、採用する際に必ず、職種別の採用になっていることからもわかります。それとは逆に日本は長い間、採用する側もされる側も、「就社」という意識で釣り合いがとれていました。

今日、バランスがとれなくなってしまったのは、採用する企業は「就職」という意識であるにもかかわらず新卒はとにかく会社に入りたいという「就社」なのです。これは今の就職難の時代を反映しているといえます。ただし大企業の場合ですと入社してからふるいにかけられますのである程度の「就社」意識は仕方のないことかもしれません。

しかし、第2新卒は、明らかに「就職」です。採用側は第2新卒を新卒と同等には扱っていません。ある程度の社会経験を積み、会社においてのマナーや基本的なたち振る舞い、仕事に対しての意識を採用側は見ています。そしてなによりも大事なのは入社して、何をしたいかということでしょう。

サイト運営者情報

新卒に求められるもの

新卒神話の崩壊

新卒採用のちょっとしたこと

第2新卒

高校の新卒採用は?

Copyright (C) 新卒 応援ナビ All Rights Reserved