新卒 応援ナビ

第2新卒

転職前の自己分析

せっかく就職戦線を勝ち抜いてきたのに3年以内に退職する新人は3割とも4割とも言われています。やはり大学生とはいえ人生経験のないところで社会の波に翻弄された結果なのでしょうか。そして、つぎは転職ということになります。

3年以内は世間的には第2新卒と呼ばれていますが、ある程度の社会経験を積んでいますのでそれなりの人材を企業は求めます。そこで転職を確実なものにするために「転職前の自己分析」が必要になります。それでは自己分析で何を明確にしておくべきなのでしょう。考えられるのは次の2点です。

1点めは「過去から現在の自分」です。今の仕事を選んだ理由、業務内容、学んだこと、得たスキルです。これは現在の自分の状況を冷静に考えなくてはいけません。2点めは「「未来の自分」です。なぜ今の会社を辞めたいのか。なぜ転職をしたいのか。入社したら何をしたいのか。なぜその会社なのか。などです。

これらはすべて職務経歴書、履歴書に書くことであり、面接で必ず聞かれることです。つまり自己分析は履歴書、職務経歴書、面接などのネタ集めのためなのです。そして自己分析をするなかで自分をアピールする材料がみつかることでしょう。というより見つけることこそが自己分析の最終目的であるといえます。

それは、入社したら何をしたいのか、どうしてその会社なのかを明確に応えるための戦略ともいえます。たとえば「車が好きだったからカーディーラーへの就職を希望します」ではなく「車を通じてお客様とのコミュニケーションを大事にしたい」のほうが企業にとっては目的意識が明確だとうつります。このように自己分析をすることで転職に対する心構えがほとんど完成したということになります。

サイト運営者情報

新卒に求められるもの

新卒神話の崩壊

新卒採用のちょっとしたこと

第2新卒

高校の新卒採用は?

Copyright (C) 新卒 応援ナビ All Rights Reserved