新卒 応援ナビ

新卒神話の崩壊

大学院の状況

大学院の状況はどうでしょうか。大学生の10人に1人以上が大学院に進学している状況です。理工系に限っていえば半数以上は大学院に進学しているというデータが出ています。しかし、大学に残って研究できる人は現在でも。当然限られています。

そして、大学院を修了した後、修士号・博士号を持つ人々はどのように社会デビューしているのでしょうか。理系の最終学歴はずいぶんと前から修士とされています。それだけ専門性が高く、学士卒では十分な知識が身に付かないというとらえかたであり、修士了の資格がないと大企業の研究開発職にはつけないという実態もあります。

東大の理系を見てみますと、工学部・理学部の学生の約8割が修士課程・博士課程に進学していて、他大学からの編入を含めると人数はさらに多くなります。学位を取得しても学内のポスト不足から常勤の研究職にはつけず、非常勤または研究生として学内に残ることが現在は加速しているようです。それでも修士は民間企業に就職できますが、博士は深刻だといわれています。

パイ自体が少ないうえに、その分野の研究以外ではかえってマイナスの評価しか受けられないからです。そのため優秀な人材は海外流出という問題も新しいものではありません。よく研究者はプロスポーツ選手に例えられます。甲子園に出てもプロスポーツ選手になれないのと同じように、大学院を出てもプロフェッショナルになれる保証はないのです。それがわかっていない学生が昨今増えてきたのも問題であるといえるでしょう。

この風潮は文系にも現れています。大学院の定員も増員して対応をしている大学も多く、またビジネススクール(経営大学院)やロースクール(法科大学院)も整備されています。それでも修了者と社会を結ぶシステムがうまく機能しているのか十分な調査が必要でしょう。「優秀な頭脳」が余ってしまう可能性は皆無とはいえない状況であることは間違いありません。

サイト運営者情報

新卒に求められるもの

新卒神話の崩壊

新卒採用のちょっとしたこと

第2新卒

高校の新卒採用は?

Copyright (C) 新卒 応援ナビ All Rights Reserved