新卒 応援ナビ

新卒に求められるもの

声が大きいと得です

言葉遣いだけではなく、声の大きさも重要です。声の出し方が苦痛であるか、非常に楽であるかは、実は大きな問題なのです。たとえば声の小さな人は営業には向きません。もともと声が大きい人は、話好きです。

もっとくわしくいえば「自分の考えを伝えたい」「テリトリーを広げたい」「声の重みで威圧したい」こういう傾向の持ち主です。この三つの特徴だけみても女性的な職場には合いそうもありません。

声が大きいだけで嫌がられるでしょう。しかし、新聞社やテレビ局などの常に職場の中に声が飛び交っているような会社は声の大きさは武器となります。一般的に声の小さい人は社内業務が似合っており、大きな声の人は社外業務に向いています。声が小さい、あるいは会議で口をはさめない、という人は、ひとり働きは無理です。

独立してやりたい、起業したいといっても、話下手では誰も助けてはくれないでしょう。こういうタイプは職場の片隅の小さな一人として人生を送るほうが安全です。といっても、決して悪い人生ではありません。大きな出世はしなくても、その会社になくてはならない人材になることはできるからです。

声の大小は笑顔にもつながります。声の大きい人は笑いを声で出します。「アハハハ」という声はその典型です。これに対し、声の小さい人は、笑いを声で表します。このことからも声の大きい人は「大勢向き」であり、小さい人は「少数向き」であることがわかります。

サイト運営者情報

新卒に求められるもの

新卒神話の崩壊

新卒採用のちょっとしたこと

第2新卒

高校の新卒採用は?

Copyright (C) 新卒 応援ナビ All Rights Reserved