新卒 応援ナビ

新卒採用のちょっとしたこと

中小企業を選ぶ

中小企業ほど玉石混交のところはないでしょう。入社したとたんに潰れてしまう会社があるかと思えば、超スピードで出世できる企業もあります。これを見抜く目さえあれば、大企業に就職するよちはるかに面白みがあります。

日本の学生の大半は大企業という「寄らば大樹の陰」に寄り添って出世したいと考えます。それも悪い考えではありません。激烈な競争を乗り越えて40を超える頃には同期入社の7割は消えているのが現状です。それでも大企業の場合は企業の歯車である印象は拭えません。

それに比べて中小企業は会社そのものの消失の危険はありますが若いうちから責任のある仕事を与えられ、スキルも十分にアップしていくことでしょう。昔の話になりますが高度経済成長時代は、「努力しなくても成功」していました。

逆に今の低成長時代では「努力して成功する」のはあたりまえであって、「努力しても失敗する」リスクも当然覚悟していなくてはいけません。それでも、努力して失敗しても、それは本人にとって大きな勉強になります。なぜ失敗したのかその理由や原因がわかるからです。

次に同じ失敗をしなければ結果として成功を収めたことになります。中小企業に就職するということはその楽しみやプラスがあると思うべきでしょう。今の時代将来性のある中小企業を探すのは難しいかもしれません。ただ、大企業の下請け会社はできることなら避けましょう。リストラは必ず下請けや系列会社、系列工場から始まります。今は景気がよくてもそんなことは信じてはいけないでしょう。

サイト運営者情報

新卒に求められるもの

新卒神話の崩壊

新卒採用のちょっとしたこと

第2新卒

高校の新卒採用は?

Copyright (C) 新卒 応援ナビ All Rights Reserved